2013年6月30日日曜日

青森 岩手 の旅2

本日は青森から岩手へ移動する予定だけの日だったけれど
朝5時にふと目覚め、青森県の「十和田市現代美術館に行きたい」と強く思ったので
そのまま携帯で十和田現代美術館までの道を調べてみる
泊まっている浅虫温泉駅から電車とバスで約2時間
美術館から本日の宿の岩手県の宮古市まで3時間半。。。

やはり遠い。。。
青森や岩手を旅行して思うのは電車の駅が少ない為、移動は基本バスになるけれど
来る間隔があいているので数分バスが遅れるだけで何時間とのロスになる。
ちょっと間違えれば、本日の宿の岩手の宮古市までたどりつかないかも知れない。。

でもどうしても「十和田市現代美術館に行きたい!!!!!!」
移動が大変なだけに次はないかも知れない!!!!!

友人に言ってみるとアッサリOKが出た。
友人も作家活動をしてるだけあって、作品を見るのには貪欲!流石!

「浅虫温泉駅」から青い森鉄道で「野辺地駅」まで、バスに乗り換えて「美術館前駅」まで1本。。の筈が
「七戸十和田駅」で、バスを乗り換えてるものだと思って下車。。。

降りて5分後にそのまま乗っていたバスが美術館まで行くと知る。
時刻表を見るとバスは1時間後。。。

仕方なく、「七戸十和田駅」から十和田現代美術館までタクシーで!!
4000円位!泣

そして、やっと着いたーーーーーーーーーーーー!!!!!
十和田市現代美術館
http://towadaartcenter.com

美術館自体は青森県立美術館などに比べると小さい
でもこの街の辺り一帯に作品がバラバラと展示されてるので
広い範囲で見て楽しめる!



作家も今人気の人が多く、若い人が多いイメージ
この時やっていた企画展は「flowers(フラワーズ)」
会期は 2013年4月27日(土)~2013年9月8日(日)
http://towadaartcenter.com/web/exhibition_flowers.html

常設展のロン・ミュエクの大きなおばあさんの彫刻や
キム・チャンギョムの映像作品がすごく面白かった!
とにかく興奮して一気に回ってしまった。

そしてフッと気づく。
時間は大丈夫なのかと。。。。

慌てて、バスに乗り、「八戸駅」から新幹線で「盛岡駅」まで!
※因に東北新幹線は全席指定ですが、八戸から盛岡は指定じゃなく立席と言って
自由席になります。席はないので立っている感じ。

青森との別れを惜しむ時間もなく、盛岡駅から宮古市までの電車の時間を探す
快速電車が2時間で到着だけど次に来るのは2時間後。。。
バスもあるけれど、長時間乗っていたら酔ってしまう。。。
と事で急遽盛岡駅西口の
「ちょいのりレンタカー」を利用する事に!!
http://www.choinori-morioka.jp/
Sクラスがちょうど空いていたので迷わず借りる
24時間で4000円二人なら電車往復より安い!
この選択が後々考えると、とーーーーっても良かった!

盛岡から宮古市まで車で2時間半




盛岡からはひたすら直進して山を上り山を下り、結構な山道を走ると
そこには目的地の本日のお宿!!

「休暇村 陸中宮古」
http://www.qkamura.or.jp/miyako/
旅の予算で少し安いお宿にしたけれど、とても綺麗な施設でお部屋も広い!!
宮古駅から少し遠いのが難点かと思ったけれど
レンタカーにしたので問題なし!
※お部屋にお風呂はありませんがリーズナブルで良いお宿でした

十和田市現代美術館を14時半位に出て、ホテルに着いたのが
19時半、よるご飯の時間に間に合って良かったっっっ!
よるご飯はバイキングだけど、出て来たお刺身が凄く美味しい
やっぱりお刺身と日本酒がしみる!!!

もっと旅行ってゆったりなイメージだけど
凄い過密スケジュールでも充足していて満足な一日

明日は岩手の宮古市を観光して帰宅。。
楽しい旅も後少し。。

2013年6月28日金曜日

青森 岩手の旅

大学時代の友人と青森と岩手の旅へ
東京から青森へ

東北新幹線は全席指定なのに、乗り遅れてしまい
また指定席を追加して乗車!
新幹線の「はやて」と「はやぶさ」では乗車料金が違うので、
「はやて」の切符で「はやぶさ」には乗れない事を学習。。

出だしから相変わらず学生みたいなノリで始まる旅。。
年齢はもうちゃんと大人、というか立派な中年ですが。。。

新幹線で約3時間半、新青森到着


青森県立美術館までルートバスねぶたん号という
バスも出ているけど、あまり本数もないのでタクシーで向かう

青森県立美術館を訪問
http://www.aomori-museum.jp/ja/
 

白い外観が青い空に生える
写真で観たのは雪に覆われる建物だったので印象が違う感じ
でもスッキリした広い空間を感じる建物です

残念ながら企画展は準備中だったので、常設展のみまわる
シャガールの作品として日本で最大といわれている
バレエの背景画は縦約9メートル横約15メートルで静かだけど
迫力ある作品
http://www.aomori-museum.jp/ja/exhibition/1/

常設展は青森県に縁の深い作家ばかりで
棟方志功や特撮番組『ウルトラQ』のデザインをしていた成田亨や
奈良美智の作品が多く展示されている
館内で唯一写真が認められている「奈良美智の”あおもり犬”」


美術館近くに三内丸山遺跡があり
ミュージアムみたいな大きな建物もある
http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/

ついでにちょっと観る
ちょっとと言っても中々広い敷地なので竪穴式住居などまわったり
1~2時間は歩いてけっこうヘトヘトになりました行く人はスニーカーオススメです

美術館前からバスに乗り、青森駅へ
「青い森鉄道」という鉄道に乗って浅虫温泉へ。
改札の所に表示されている時間とホームに表示されている時間
に1~2分のズレがあり「これなの?違うの??」とテンパって電車をまたもや逃す

次の電車が来るのが30分待ちで、「ささささささ30分!?」と思ったけれど
東京の電車の時間に慣れてしまっただけで、
私の地元の滋賀県の駅も30分位来ないのはザラだったと思い出す。
地方の車ベースの社会では電車を連発させても採算とれないよね

待ってる間にリンゴジュース堪能
青森県は産地だけあってリンゴジュースがよく売っている
メーカーはシャイニーとかアオレンなど色々
流石青森、味が今まで飲んだリンゴジュースより格段に美味しい
ほんのり甘くコクがあって、ちゃんと酸味がある「ちゃんとりんごの味」


「青い森鉄道」は乗る前に扉が開かない場合があって
扉の横のボタンを押すと扉が開く
※知らないと困るので注意

そして乗ったら内側の扉の隣のボタンで扉を閉める
開けたら閉める。マナーらしい。
※知らないと困るので注意 笑


浅虫温泉駅に到着
駅徒歩1分の「海扇閣」に宿泊

窓から見える陸奥湾が絶景、そして温泉付き



温泉は無色透明で匂いもないけど、とても柔らかいお湯で気持ちいい
ここぞとばかりに顔にお湯を浸す。性。

海外の夏のビーチも好きだけど
やっぱり温泉が世界一好きだと感じる
お刺身と温泉と日本酒、これは日本人のDNAに組み込まれているんだろうな。
「包まれるようなほっこり感」
日本って本当に素晴らしいと改めて思う、幸福。

夜になるとロビーで津軽三味線の生演奏が開催されるので
ご老人の団体に混ざって鑑賞。違和感ない。

演奏者は若い女性で凄い迫力ある演奏で
初めて聞いたけど1時間あっという間に終わった
やっぱりライブで聞くと何でも凄い!

夜はわざわざ持参したワインで乾杯
友人が蜷川実花に似ている 笑
部屋に「掘りごたつ」「ソファーとテーブル」があるので
冬は海を眺めながら「掘りごたつ」で一杯なんて素敵だ。
お酒の話ばかりだけど

就寝、朝起きて突然「ひらめく」事も知らず。。。

2013年6月25日火曜日

新青森県立美術館

新青森県立美術館に行きたいとずっと思っていたら

http://www.aomori-museum.jp/ja/

友達と旅行したいね。という話になり、
新青森県立美術館と岩手の宮古市に行く事にしました

先日別の友人に新青森県立美術館に行く事を話したら
そこにいた2人の友人も「言ってみたいよね!」と言っていたので
皆の感心が高いんですねー

美術館の制服がミナ ペルホネンのデザインだったり
新青森県立美術館の展覧会が各地で行われたりして
話題に上る事も多いかったし

余談ですが、「ほんまでっかTV」という番組で
ある特定のものへの情報が多いと人はそのものについて
嫌いになる事はないと言われていました

青森県立美術館に詳しくなればなるだけ
好きになるって事ですね

世の中の広告が多いのもうなづけます

2013年6月24日月曜日

BGM♪

BGM♪
普段皆様はどんなBGMで過ごされていますか??

友達が面白い物を紹介していたのでアップ☆
カフェと雨音のBGM
http://rainycafe.com/
雨音は時々雷も鳴ったりします!

私は一日中パソコンの前にいる事が多いので
だいたいはモーツアルトを聞いてます。
クラッシックは元々知識もなく聞かなかったので
モーツアルトでも覚えているのはキラキラ星しかわかりませんが

どこかで聞いた事がある音楽が多いから
クラッシックの中では親しみやすいのでモーツアルトにしました

作業しててもクラッシックって邪魔にならないし
リラックス出来て、夜になっても疲れないんですよ!

だから一日中モーツアルトです。
ずーーーーーと流していても
キラキラ星以外やっぱり覚えませんけど 笑


2013年6月23日日曜日

個性的な名刺と普通の名刺を作る時のメモ

通常の名刺だけじゃなく、色々な用途に使用できそうな
個性的な名刺を作る時の名刺会社さんメモメモ!
※イラストレーターの完全データで入校する事が前提です

●箔押しの名刺が安い会社
ライオン名刺
http://www.lion-meishi.com/decoration.html

●型抜きの名刺が安い会社
型抜き印刷.com
http://katanuki-insatsu.com/

●普通の名刺であれば、こちらの名刺屋さんは選べる紙に
マットポストの220kが通常価格で入っているので!!
激安名刺.com
http://gekiyasumeishi.com/

●普通の名刺でなおかつヤマトのメール便対応でさらに安い!
マヒトデザイン
http://mhtdesign.net/

2013年6月22日土曜日

結婚式の招待状 ペーパーアイテム オリジナル制作のメゾンウエディング♪


ウエディングのペーパーアイテムオリジナル制作サイト
メゾン ウエディング♪
http://www.maisonwedding.com

自分の結婚式の時に、式場が用意していた招待状が
見た事あるものばっかりだったのと高額な事、
自由度が低い事に愕然として、自分で招待状を作ろうと思って
作ったのがキッカケでした!
その後友人の結婚式の招待状など作っているうち、
「もっと色んな人が自由でその人らしいお洒落な招待状、席次表が簡単につくれればいいのに」
と思い、じゃあ!私が作ろう!と思って立ち上げたサイトです!
結婚式ってとっっっても幸せな瞬間に間接的に立ち会えるだけで
幸せな気分になります。
もっと安くできないかなー??!!と色々な方法を模索して
切磋琢磨して出来上がった時の依頼人の喜んでくれた時の感動はひとしお!
人の役に立ててるって思える仕事は楽しくて幸せになります。